お問い合わせ

about津山

津山市の医療・福祉施設

障害のある人へ

障害者手帳等

身体障害者手帳

身体に永続する障害がある人に対して身体障害者手帳を交付しています。障害の種類には、視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語機能、そしゃく機能、肢体(上肢、下肢、体幹、脳原 性運動機能)、心臓機能、じん臓・肝臓機能、呼吸器機能、ぼうこう・直腸機能、小腸機能、免疫機能障害があります。

療育手帳

知的障害のある人に、児童相談所、知的障害者更生相談所の判定に基づき療育手帳を交付します。

精神障害者保健福祉手帳

精神障害のため長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある人に対して精神障害者保健福祉手帳を交付します。

問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
障害福祉サービスなど
サービス 内容
居宅介護(ホームヘルプ) 自宅での入浴、排せつ、食事の介護など
重度訪問介護 重度の肢体不自由者、重度の知的障害者・精神障害者で、自宅で常に介護を必要とする人の入浴、排せつ、食事の介護、外出時の移動など総合的な支援
同行援護 視覚障害で移動が著しく困難な人の移動に必要な情報の提供(代筆・代読を含む)、移動の援護など外出支援
行動援護 自己判断能力が制限されている人が行動する時の、危険の回避や外出するために必要な支援
重度障害者等包括支援 介護の必要性がとても高い人への、居宅介護など複数の包括的なサービス
短期入所(ショートステイ)  自宅で介護する人が病気などの時(夜間も含む短期間)、施設で行う入浴や排せつ、食事の介護など
療養介護 常に医療と介護を必要とする人に医療機関で行う、機能訓練や療養上の管理、看護、介護、日常生活の世話など
生活介護 昼間、常に介護を必要とする人に行う入浴や排せつ、食事の介護などと、創作的活動や生産活動の機会の提供施設入所支援夜間や休日、施設に入所する人に行う、入浴や排せつ、食事の介護など
自立訓練(機能訓練・生活訓練)  一定期間、自立した日常生活・社会生活を目指して行う、身体機能・生活能力の向上のために必要な訓練
就労移行支援 一定期間、一般企業などへ就労を希望する人に行う、就労に必要な知識・能力の向上のため必要な訓練
就労継続支援 一般企業などで就労が困難な人に働く場を提供して行う、知識・能力の向上のために必要な訓練
共同生活援助(グループホーム) 共同生活を行う住居に入居する人に行う、日常生活上の相談と、入浴や排せつ、食事の介護、その他の日常生活上の援助など
計画相談支援 障害福祉サービスや地域相談支援を利用するすべての障害のある人、または障害のある児童に行う、適切なサービスへのマネジメントやサービス等利用計画の作成、モニタリング
地域相談支援(地域移行支援、地域定着支援) 入院や入所から地域生活に移行する準備のために必要な外出への同行支援や入居に関する援助。または、24時間対応の相談体制で行う、地域生活への定着を目指した支援
障害児通所支援など
支援 内容
児童発達支援 通所を基本とした、日常生活の基本的な動作の指導や集団生活への適応訓練などサービスの提供
医療型児童発達支援 肢体不自由児に行う、日常生活の基本的な動作の指導や集団生活への適応訓練等のサービス・治療
放課後等デイサービス 就学している障害のある児童(幼稚園、大学を除く)に、学校終了後または休業日に行う生活能力向上に必要な訓練や余暇の提供
保育所等訪問支援 保育所等を利用中または利用を予定している障害のある児童の集団生活への適応を目指して、専門的支援、助言などを行うための現場訪問
障害児相談支援 障害児通所支援を利用するすべての障害のある児童が適切なサービスを受けるための、マネジメントやサービス等利用計画の作成、モニタリング
補装具費の給付
補装具費の購入と修理

『身体障害者手帳』の交付を受けている人や難病患者などに、失われた部位や損なわれた機能を補うために必要な補装具の購入や修理費の一部を支給します。
※ 内容により支給できない場合があるので、必ず購入・修理を行う前にご相談ください
◇対象者
『身体障害者手帳』の交付を受けている人(障害等級、種別などにより支給対象の補装具が決まっています)、特定病患医療受給者などの交付を受けている難病患者など

問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153

地域で生活するための支援

意思疎通支援
手話通訳者・要約筆記者の派遣
利用できる人
・聴覚に障害があり、会話などを円滑にするために手話通訳や要約筆記が必要な人
・市内に在住または市内で勤務している人
手続方法
ファクスまたは電話でお申し込みください(後日、申請要)
問いあわせ
[手話通訳者 障害福祉課(市役所1階10番窓口)]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
[要約筆記者 社会福祉協議会]TEL 0868-23-5130・FAX 0868-24-2979
日常生活用具の給付(貸与)

日常生活を容易にするため、日常生活用具を給付(貸与)します。給付(貸与)を受けたい人は、事前にご相談ください。

用具の種類
特殊寝台、特殊マット、体位変換器、入浴補助用具、頭部保護帽、移動・移乗支援用具、透析液加温器、点字タイプライター、人工喉頭、聴覚障害者用通信装置、紙おむつ、ストマ用装具、住宅改修 など
対象者 次のいずれかに該当する人
・手帳(身体・療育・精神)の交付を受けている人
・特定疾患医療受給者証などの交付を受けている難病患者など
※内容により給付(貸与)できない場合があります
問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
移動支援

外出が困難な人にヘルパーを派遣します。

対象者
外出時の支援が必要な下肢・体幹・移動機能障害者(児)で1・2級、視覚または聴覚障害者(児)で1・2級、知的障害者(児)または精神障害者(児)の手帳の交付を受けている人、難病患者など
問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
日中一時支援

障害者(児)の家族の就労支援と介護者の一時的な休息を提供します。

支援の種類
日中支援型
日中に世話を受けることができない障害者(児)の人
タイムケア型
保護者の就労などの理由により世話を受けることができない障害児(者)の人
医療型
遷延性意識障害者(児)、重症心身障害者(児)の人
問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153

自立支援医療費

更生医療の給付

身体障害者手帳の交付を受けている18歳以上の人が、障害の程度を軽減し日常生活を容易にするために指定医療機関で医療を受ける場合、医療費の一部を公費負担します。

医療の例
角膜手術、関節形成手術、外耳形成手術、心臓手術、人工透析療法、じん臓移植術、肝臓移植術、唇しん顎がく口こうがいれつ蓋裂の歯科矯正、抗免疫療法など
問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
育成医療の給付

生まれつき、あるいは病気(斜視、股脱、口こうがいれつ蓋裂など)などのため身体に障害のある18歳未満の児童が、生活能力を得るために指定医療機関で医療を受ける場合、医療費の一部を公費負担します。

問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
精神通院医療の給付

精神障害の医療を受けるために病院や診療所に通院する必要性が認められた場合、医療費の一部を公費負担します。

問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153

心身障害者医療費

心身障害者医療費受給資格証の発行

重度の障害がある人に心身障害者医療費受給資格証を発行します。県内の病院などで診療を受けるときにこの資格証と健康保険証を提示することで、保険診療分の自己負担額の一部のみの負担となります。 県外で受診した場合は、改めて申請が必要です。

対象者
所得制限内の人で次の①~③のいずれかの要件を満たす人
① 1~2級の身体障害者手帳の交付を受けている人
②療育手帳Aの交付を受けている人
③ 3級の身体障害者手帳と療育手帳Bの交付を受けている人
※ 要件を満たしている場合でも、65歳以上で新たに該当する人は対象となりません
問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153

保育・療育・教育

保育所(園)・幼稚園への入園

障害のある子どもの入園については、入園を希望する保育所(園)・幼稚園またはこども課にご相談ください。

問いあわせ [こども課]TEL 0868-32-7028・FAX 0868-32-2161
通級指導教室

子どもの育ちや学習について特別な教育的ニーズのある幼児・児童・生徒に対して、発達段階や特性に応じた指導や支援を行います。教育相談にも応じています。ご連絡ください。

■ 北小学校通級指導教室
「津山市特別支援教育推進センター」北小学校(岡山県津山市山北)内
TEL 0868-32-3955・FAX 0868-22-5088
■ 西小学校通級指導教室「ことばと情緒の教室」
西小学校(岡山県津山市小田中)内
TEL 0868-23-4661・FAX 0868-23-8813
■ 津山西中学校通級指導教室
津山西中学校(岡山県津山市二宮)内
TEL 0868-28-0141・FAX 0868-28-0140

問いあわせ [学校教育課]TEL 0868-32-2115・FAX 0868-32-2157

各種手当

特別障害者手当

◇申請できる人
身体または精神、知的に著しく重度で永続する障害があり、日常生活において常時特別の介護を必要とする在宅の20歳以上で次の①~⑥のいずれかに該当する人

※ 手帳(身体・療育・精神)の交付を受けていない人も申請できます
※ 審査により却下になる場合もあります

問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153

各種講習会

発声教室

病気などで喉こうとう頭(のどの声帯)を取り除いたために声が出なくなった人の発声能力を食道発声方法や発声器などにより補います。

◇日時 毎月第1・3日曜日午後1時~3時
◇場所 神南備園

パソコンクラブ

パソコンを上手に使えるように、楽しみながらいろいろな操作にチャレンジします。

◇日時 毎週金曜日午後5時~8時
◇場所 神南備園

問いあわせ [神南備園(大谷)]TEL 0868-24-9402・FAX 0868-24-9407

その他の支援

自動車関係
運転免許取得の助成
利用できる人
身体障害者手帳(1級または2級)の交付を受けている人で、免許取得により就労や社会参加などが見込まれる場合
内容
免許の取得に直接要した費用の3分の2以内で、10万円を上限として助成(所得制限あり)

※助成の受付件数に限りがあります(事前申請要)

問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
自動車改造の助成
利用できる人
身体障害者手帳(上級、下級、体幹で1級または2級)の交付を受け、車を所有し、運転ができる人
内容
自動車の改造に直接要した費用で10万円以内を助成(所得制限あり)

※助成の受付件数に限りがあります(事前申請要)

問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
駐車ステッカー(駐車禁止除外指定者標識)の交付

◇利用できる人
次の表に該当する人(有効期限3年)

身体障害者 等級
視覚障害 4級以上
平行機能障害 3級以上
聴覚障害 3級以上
肢体不自由 下肢 4級以上
上肢 2級以上
体幹 3級以上
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害 上肢機能 2級以上
移動機能 4級以上
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこうまたは直腸、小腸、ヒト免疫不全ウィルスによる免 疫、肝臓機能障害 3級以上
知的障害者 療育手帳A
精神障害者 精神手帳1級
小児慢性特定疾患児手帳を所持している方 色素性乾皮症

◇手続き
津山警察署または津山市身体障害者福祉協会へお問い合わせください

問いあわせ
[津山警察署]FAX 0868-25-0110
[津山市身体障害者福祉協会]TEL 0868-24-6808・FAX 0868-22-1299
「ほっとパーキングおかやま」駐車場利用証の交付

次の表に該当する人に、身体障害者等用駐車場の駐車スペースを優先利用できるよう駐車場利用証を交付します。

◇利用できる人

対象者 等級
身体障害のある人 視覚障害 4級以上
平衡機能の障害 5級以上
肢体不自由 上肢 2級以上
下肢 6級以上
体幹 5級以上
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害 上肢機能 2級以上
移動機能 6級以上
心臓、腎臓、呼吸器、膀胱または直腸、小腸、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫・肝機能障害 4級以上
知的障害のある人 療育手帳A
精神障害のある人 精神障害者保健福祉手帳1級
高齢者 要介護1~5
難病患者 特定疾患医療受給者
けが人 車いす、杖などが必要な人
妊産婦 妊娠7ヶ月から産後1年までの人(産後は乳児同乗の場合のみ)
その他 駐車場の利用に配慮が必要と認められる人

◇ 申請窓口
県庁障害福祉課、県民局健康福祉部、県保健所または市区町村の窓口(郵送の場合は県庁障害福祉課のみ)

問いあわせ
[岡山県障害福祉課]TEL 086-226-7343・FAX 086-224-6520
[障害福祉課(障害者、難病の人など)]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
[高齢介護課(高齢者)]TEL 0868-32-2070・FAX 0868-32-2153
[健康増進課(妊産婦)]TEL 0868-32-2068・FAX 0868-32-2161
交通関係
有料道路通行料金の割引
利用できる人
・身体障害者手帳所持者(本人の運転)
・第1種の身体障害者手帳か療育手帳Aの交付を受けている人(介護者の運転)
内容
① 身体障害者手帳の交付を受けている人が自ら運転する乗用自動車、ライトバンなど
② 第1種の身体障害者手帳か療育手帳Aの交付を受けている人を乗せて、介護者が運転する乗用自動車、ライトバンなど

※ ①②の場合とも1人につき1台登録できますが、本人または家族が所有する自動車に限ります(営業車両は対象外)
※ ETCでの割引も受けられます(本人名義のETCカードが必要)
※利用には登録が必要ですので事前にご相談ください

問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
福祉バス「さくら号」(リフト付き)の貸し出し
利用できる人
市内の障害者関係団体や施設の人(12人程度)
内容
23人乗り(車いす2人、座席15人、補助席6人)で、利用料は無料(給油代は利用者負担)。運転には大型免許が必要、利用は連続2日まで
利用方法
電話などで予約し、利用15日前までに申請書を提出してください
問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
福祉移送サービス

機動性のあるリフト付き軽四自動車で送迎します。

利用できる人
1~3級の下肢または体幹機能障害の身体障害者手帳の交付を受けている人で、次の要件に該当する人
・市内に在住する人
・市民税所得割が非課税の世帯の人
問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
福祉タクシー
利用できる人
車いすや寝たきりでストレッチャーを利用する人
内容
リフト付きワゴン車(5人乗り)を中型タクシー料金で利用できます。車いす2台までそのまま乗車可
利用方法
運行委託先の勝田交通へ事前に連絡してください
問いあわせ [勝田交通]TEL 0868-22-1234・FAX 0868-23-0110
タクシー・バス利用料、給油代の助成
対象者
①じん臓機能の身体障害者手帳1級の交付を受けている人
②身体障害者手帳1級、下肢・体幹機能障害2級の身体障害者手帳、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている人で、市民税所得割額が非課税の世帯の人
問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
その他の割引

※手帳の提示により割引が受けられる場合があります。詳しくは各営業所にお問い合わせください

相談窓口

障害福祉課(市役所1階10番窓口)

障害のある人を対象とした一般的な相談を始め、さまざまなサービスについての相談・申請や諸手当の支給事務などを行っています。電話または窓口にて気軽にご相談ください。手話通訳者も配置しています。

◇受付
月~金曜日午前8時30分~午後5時15分

問いあわせ
[障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153
または各支所市民生活課へ メール shoufuku@city.tsuyama.okayama.jp
障害者福祉センター神南備園

保健師などによる一般相談、ピアカウンセラーによる相談、障害支援相談があります。

◇受付 事前にご連絡ください

問いあわせ
[神南備園(大谷)]TEL 0868-24-9402・FAX 0868-24-9047
メール kannabi@mx1.tvt.ne.jp
ホームページ http://www3.tvt.ne.jp/~kannabi/
特定相談支援事業所・障害児相談支援事業所等

サービス等利用計画・障害児支援利用計画の作成や、サービス利用の見直しなどを行います。また、虐待などの相談も支援します。

◇対象者
地域で生活されている知的障害児(者)、身体障害児(者)、精神障害児(者)、難病患者などと、その家族
◇相談受付
事前にお電話ください

津山地域障害者基幹相談支援センター・津山地域障害者虐待防止センター・つやま地域生活支援センター「つばさ」
岡山県津山市二宮80-1ウエスタンビル1階
TEL 0868-28-7335・FAX 0868-28-7330
虐待防止センター TEL 080-2934-1750
美作地域生活支援センター
岡山県津山市川崎1554
TEL 0868-21-8830・FAX 0868-21-8863 
地域活動支援センター ネクスト津山
岡山県津山市津山口308-5
TEL・FAX 0868-22-1177
相談支援事業所 きぼう
岡山県津山市田町115
TEL 0868-22-0052
相談支援事業所 木の葉
岡山県津山市下高倉西1823-1
TEL 0868-29-0012
身体障害者相談員・知的障害者相談員

障害者相談員は、同じ障害者または障害者の家族の立場で自らの経験を生かして、障害のある人やその家族からの「障害者手帳の申請」「補装具、更生医療の申請」「施設入所」「家族関係」などのさまざまな相談に応じます。

問いあわせ [障害福祉課]TEL 0868-32-2067・FAX 0868-32-2153

専門相談機関

岡山県身体障害者更生相談所

医師・心理判定員・ケースワーカーなどの専門職員が、医学的・心理学的判定や相談、指導を行います。 利用する人は障害福祉課(TEL 0868-32-2067)へ申し出てください。

<巡回更生相談>

自立支援医療(更生医療)、補装具などについての相談で、障害の状態や地理的理由などにより来所相談が困難な人は、巡回更生相談をご利用ください。
津山市では、障害者福祉センター「神南備園」で年7回程度実施しています。詳しい日程は、お問い合わせください。

問いあわせ
[岡山県身体障害者更生相談所(岡山県岡山市)]TEL 086-235-4577・FAX 086-235-4346
岡山県知的障害者更生相談所

知的障害のある人に対して、医師・心理判定員・ケースワーカーなどの専門職員が、医学的・心理学的判定、相談、指導を行います。

問いあわせ
[岡山県知的障害者更生相談所津山支所(岡山県津山市山北)]TEL 0868-23-5131・FAX 0868-23-5132
津山児童相談所

障害児のあらゆる問題について、医師・心理判定員・ケースワーカーなどの専門職員が相談に応じ、適切な判定、指導を行います。特に専門的に総合判定を行い、必要な措置や施設入所手続きを行います。

問いあわせ
[津山児童相談所(津山市山北)]TEL 0868-23-5131・FAX 0868-23-5132
美作保健所

障害児の早期発見・治療を目的として、医学的な相談、指導を行います。また、精神障害者、特定疾患・難病などの相談にも応じます。

問いあわせ
[美作保健所(岡山県津山市椿高下)]TEL 0868-23-0111・FAX 0868-23-6129
津山障害者就業・生活支援センター

相談者の障害特性を踏まえ、希望、経験、技能などによりその人に適した就労支援をハローワークや岡山障害者職業センター、福祉事務所、職業能力開発施設などと連携しながら行います。

問いあわせ
[津山障害者就業・生活支援センター(岡山県津山市川崎)]TEL 0868-21-8830・FAX 0868-21-8863
おかやま発達障害者支援センター県北支所

医療・保健・教育・福祉・労働などの各領域の支援機関と協力し、発達障害のある人の特性の理解や支援の手立てについて考え、行動問題の解決や自立的な生活に向けた支援を目指します。

利用できる人
県内に住んでいる発達障害のある人とその家族、関係機関の支援者
受付時間
午前9時~午後5時(祝・休日を除く月~金曜日)
受付方法
電話で受け付けます
問いあわせ
[おかやま発達障害者支援センター県北支所(田町)]TEL・FAX 0868-22-1717
視覚障害教育相談支援みまさかセンター

見えない・見えにくい人の生活や養育・教育などについて、相談・指導を行います。

日時
毎月第2水曜日午前9時30分~午後4時30分(変更あり)
場所
美作保健所(美作県民局第2庁舎)
利用できる人
美作県民局管内在住の視覚障害のある0歳から高校生までの人とその家族、関係機関の支援者
受付
2日前までにご予約ください
問いあわせ
[岡山県立岡山盲学校]TEL 086-272-3165・FAX 086-272-1853
岡山聾(ろう)学校県北相談支援室

聞こえや補聴器・人工内耳・進路などについての相談や聴覚障害児の学習支援に携わる関係機関の支援者への助言を行います。

日時
毎月第4水曜日午後1時30分~4時30分(変更あり)
場所
美作保健所(美作県民局第2庁舎)
利用できる人
美作県民局管内在住の聴覚障害のある0歳から高校生までの人とその家族、関係機関の支援者
受付
1週間前までにご予約ください
問いあわせ
[岡山県立岡山聾学校]TEL 086-279-2127・FAX 086-279-8960

ページの最上部へ