お問い合わせ
Inside
2019-09-27
課題解決型インターンシップレポート 2019

課題解決型インターンシップ「ミッション インターンシップ つやま」を開催しました!

津山市仕事・移住支援室では、地域企業の魅力を発見し、多くの方に紹介していく事業を行っています。このインターンシップでは、仕事・移住支援室が行っている「地域企業の魅力発信事業」の事業企画に携わっていただきました。

P1040767

ミッション(課題)は「津山市の就活イベントを見直し、欠けている何かを発見せよ!」

参加された学生には、「新規学卒者の地域内就職促進」のために、今年度初めて実施した「学生のためのつやまオープンジョブ」に参加していただき、事業のブラッシュアップと改善を軸とした企業PR手法についての企画を、学生目線で自由に提案していただきました。

【実施内容・スケジュール】
令和元年8月21日から27日まで、以下のスケジュールでインターンシップを実施しました。

1日目 8月21日(水曜日)
■市長との意見交換会
■オリエンテーション
■ミッションの確認(アウトプット確認)
■座学(企画書作成について)
■グループワーク(課題の整理・役割決定)

DSC_1400

2日目 8月22日(木曜日)
■「学生のためのつやまオープンジョブ」参加

DSCF6178

3日目 8月23日(金曜日)
■チェックシート、アンケート結果の集計
■グループワーク
・オープンジョブの振り返り
・課題とニーズの整理
・企画案の協議
・情報収集

4日目 8月26日(月曜日)
■グループディスカッション(企画内容検討)
■ワーク(企画書作成、修正)

5日目 8月27日(火曜日)
■ワーク(企画最終調整、修正)
■プレゼン練習
■企画発表会(プレゼン)
■講評
■座談会
■全体振り返り

DSC_0044

DSC_0037

DSC_0054

今回のインターンシップには県内外の大学等から6名の学生が参加し、津山市が行っている就活イベントを「集客のできる就活イベント」かつ、「企業の魅力が伝わる就活イベント」にするために、「学生のためのつやまオープンジョブ」を検証し、改善案が企画提案されました。
今回の提案内容は、来年度の事業実施に向けて改善点などを反映させていく予定です。

【6名の参加者のインターンシップの感想】
■島根大学法文学部・3年
課題解決を通じて、津山の企業、企画書の作り方、自分の長所の発見など、さまざまなことを得ることができて、参加後に大きく成長できる。
5日間の中で、自分が成長していることを日々実感することができた。

■九州大学法学部・3年
実際の行政の事業に対して、改善点の提示を行うことができたことが非常に魅力的だった。
地方の人口減少問題の現状および対策の難しさを書物や論文だけでは知れない部分を知ることができた。

■岡山理科大学理学部・3年
やりがいがあった。自分たちで実際の事業を改善提案できる体験はなかなかできない。
まだまだ足りない、知りたいことはあるが、概ね今回の企画に関する業務や、実際の厳しさなどを知ることができてよかったと思う。

■津山工業高等専門学校・4年
他大学の人と関わることができた。地域の企業の魅力が知れたり、他の人の良いところを見つける練習ができたり、企画書の作成や集計の練習ができたりと、多くのことが学べた。

■津山工業高等専門学校専攻科・1年
市役所の業務を大まかに確認することができてよかった。また、市職員の方との座談会も設けていただき、本音で伺いたいことが聞くことができた。また、企画提案を通じて様々なことが学べた。具体的には企画書の作成であったり、プレゼンの仕方などを深く学ぶことができた。この経験は、今後の研究活動に活かしていきたい。

■島根県立大学総合政策学科・3年
メンバーで話し合いながら企画を立てていく中で、自分がどんな人物か改めて知ることができた。
もともと行政の活動を体験したかったこともあり、想像していた以上に有意義な体験だった。
市長の前でのプレゼンも良い経験になった。

2019/09/27 - 12:07 |

ページの最上部へ