お問い合わせ

File

03

石坂めぐみいしざかめぐみさん
2012年10月移住
出身地:北海道釧路市
現住所:津山市内
職業:津山市IJUコンシェルジュ

津山市への移住をお手伝いする 私自身、Iターンの移住者です。

IJUコンシェルジュとはどんなお仕事ですか?

全国の津山に移住を考えられている方から寄せられる、お問い合わせや相談に電話でお応えしたり、首都圏や関西で開かれる移住相談会で、直接相談者の方とお話をさせていただいたりしています。今年の7月に移住支援制度ができたので、具体的な相談をされる方が増えてきています。私自身もIターンの移住者です。

津山に移住したのはどうしてですか?

私は北海道の釧路市で生まれ育ちました。東京の専門学校に通い、その後一度北海道に戻りました。北海道の旅行会社でしばらく働いた後、「動くなら今だ!」というタイミングがあって沖縄の離島「竹富島」に移住しました(笑)。旅行会社で働いていた時に何度か沖縄に行く機会があり、沖縄の魅力に惹かれたからです。竹富島の職場で津山出身の夫と出会い、結婚をし、子供を授かりました。夫はいずれ津山にUターンするつもりだったのと、竹富島には出産が出来る施設が無かったこともあり、出産を前に津山に移住しました。

photo_file03_01

IJUコンシェルジュになるきっかけは?

私の周りから、「子供は小さいうちから保育園に入れるのがいいよー」と勧められていました。出産後も働きたいと思っていましたし、保育園に入園もできたので仕事を探して、1年間は会社で働いていました。そして今年の4月に津山市IJUコンシェルジュの募集を見て、以前観光業界で働いていましたし、私も移住者なので「自分の経験が活かせる!」と思い応募しました。

photo_file03_02

休日の過ごし方は?

津山市内ではトリムの森(グリーンヒルズ)に行ったり、車でドライブしたりしています。今まで島での生活が多かった私の感覚では、どこに行くにも飛行機で行くイメージだったので、隣の県に車でいけることはすごく新鮮です。余裕がある時は、鳥取に子供と2人でドライブしたりもします。

photo_file03_03

津山の魅力は?

私が一番良いと思うのは病院がたくさんあるところですね。産婦人科にしても私の地元の北海道や以前住んでいた沖縄では、出産するところを「数ある病院の中から選んで決める」という選択肢はありませんでした。津山は利用者が選べる環境なので、それは魅力の一つだと感じます。
他にも、津山には保育園と幼稚園がたくさんあります。保育園では、それぞれ色々なカリキュラムを組んでいて、保育園から英語を習ったり、鼓笛の練習をしたり、自然の中でのびのび遊んだりと色々特色があるので、入園前に色々調べるのがいいですね。そして、もし希望していた保育園に入れなかったとしても、他の保育園を勧めてもらえたりするので、働きたいと思っているお父さんやお母さんに親身に対応してくれる市なのだと思います。

これからについて

まだIJUコンシェルジュとして新米ですけど、津山に定住されたい方がたくさんいることをこの仕事について知りました。そんな方達のお役に少しでも立つことができるよう、津山の情報収集や、勉強をしながら、要望に応えていけるようになりたいです。

photo_file03_04

移住者へのメッセージ

津山は、“まちぐらし”ができる上に田舎の環境がすぐそばにあるので、特に子育て世代にはとても暮らしやすいと思います。すぐに移住ができなくても、まずは観光で足を運んでいただいたり、津山市の中でもいろいろな地域があるので見学などしていただければと思います。私自身もIターンUターン経験者なので、移住のことはぜひご相談ください!